電子工学PhDのニール。元婚約者のことを聞かれる

ホラー猫
え?ミーの過去が知りたいの? 

次に会ったのは電子エンジニアPhDのニール。
平日の夜8時頃に電話したら話が長引いてしまった。
もう一時間近くしゃべってるから
そろそろ切ろうかな
というタイミングが数回あったが
その度に彼が新しい話題を出してしまうのだ。
暇?寂しがりや?


会話は楽しかったが電話を切れない私も悪い。
二時間しゃべって、ようやく切った。
私達ってまるで女子高生?

ご近所さんケン
ご近所さん
ケン

しばくで


週末午後カフェで会う。
長身細身で普通にカッコいい。
また二時間しゃべって、既に友達のような感覚。
最初から話しすぎて、かえってダメって
あるのだろうか…


日本で婚約者がいた事は
何時間も話す内に口にしていた。
そろそろ帰りましょうかという頃に
「元婚約者と私がどうしてダメになったのか」
を聞いてきた。
あまりに辛くて他人に理由を話した事はない。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

当時、両親にはダメになったとだけ伝えた。
母は理由を知りたがり月に一度くらい聞いてきた。
「彼に他に好きな人ができて
その女性が妊娠したのでは?」
と母は推測しているようだった。


元婚約者は何度か私の実家に来ていた。
付き合って半年後に彼から
「お嫁さんになって欲しい」と言われ
二人の間で結婚の話は出ていたが
最初に実家に来たのは私が24歳で
指輪を貰った頃だっただろうか。
私の両親に挨拶をしたいと言うので
連れてきた。


彼は両親に頭を下げ
きっちりと挨拶をしてくれた。
母は料理を何種類も作り
父は飲めないお酒を
彼に付き合って飲む。
娘が連れてきた初めての男性なので
父の内心は分からないが、
リラックスしているように見えた。
和やかに元婚約者と話をしてくれた。
嬉しかった。


婚約白紙になった時
両親に元婚約者のネガティブな話を
一切したくなかった。
それ以前に、もし口を開いたら
その瞬間に自分が大号泣して
言葉にならないのは分かっていたので
口を閉ざしていた。
私は一体何を守ろうとしていたのだろう。


やっと落ち着いた頃、一度だけ母に
何が起こっていたのか
要約して話したことがある。
母はポロポロ泣き出した。
「かわいそうに…」
「お母さん全然知らなかったよ」
「かわいそうに…」


悲しいテレビドラマを見て
こっそり涙ぐむ母は見たことがあったが
目から涙をポロポロこぼす母を
見たのは初めてだった。
話した事を少し後悔しながら
私も一緒に泣き出した。

お母さんと私
お母さん、あの時は泣かせちゃってゴメン 


婚活で会ったばかりの人に
こんな暗い話はしないものだし
普通は聞きもしないだろう。
ニールは引き下がる様子もなく
話して欲しそうだ。
どうしよう…


引っ越して来たばかりの国で
会ったばかりの人になら
言っても平気なような気がして話し始めた。
明るい声で話そうとしたが
所々目がうるっとなった。
無料カウンセリングだ。


聞き終わったニールは言った。
「まだ傷が癒えてないんだね。
感情的になるってことは」
私も肯定する。
「そうだね。元婚約者に気持ちは残ってない。
でも辛かったあの時期の自分の感情が蘇って
うるっとなったんだよ」


そして笑顔になって彼は言った。
「でもさぁ、ハルちゃん、可愛いし
僕達、二人とも30過ぎてるしさ…… 」


センテンスが未完了なので
頭の中で私が続けた。
(だーかーらー、早い方がいいよ。結婚。僕とデートしてみようよ)


ニコニコしながら私を見るニール。
暗い話の後の、明る〜い方向転換だ。
急に取って付けたように「可愛い」
という言葉を入れる。


この人、もしかして女性を口説くのに
慣れている人なのかな?
チラッと頭にはよぎった。
でもまあ悪い気はしなかった。
無料カウンセリングもしたし。


ハルコ
ハルコ

ねぇ、ケンってコーヒー飲まないよね?嫌いなの?

ご近所さんケン
ご近所さん
ケン

いや、わし歯のレーザーホワイトニングに大金使うとるから。時々家でもブリーチしてフォローアップしとるし

ご近所さんケン

ほら、見てみ

 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります
最後まで読んでくださり、ありがとうございました

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ    

スポンサーリンク

スポンサーリンク


婚活体験談ニール
ふらりふらりと
タイトルとURLをコピーしました