早すぎ?ニールの家に行く

テニスボール

次回はいつ会って何をしようかと
ニールと話していたが、まだ未定だった。
私が「じゃあ、水曜日の夜に電話するね」と言って
その水曜日の夜に電話した。
電話に出たニールが言った。


ニール:「Oh Wow 本当に電話してくれたんだ。
どうせ口先だけで電話なんか
してこないんだろうって思ってた」

ハルコ:「え?なんでそんな風に思うの?」
ニール:「そんな女性ばっかりだから」
ハルコ:「え?そうなの?なんで私もそうだと思ったの?」
単純に不思議に思った。

ニール:「僕ももう30歳過ぎてるんだから
過去に女性に嘘つかれたり、傷ついたり
色々あったかもしれないでしょ!
この年齢なんだから、もういいでしょ!そんなこと」
ハルコ:「ふーん、そうなんだ…」

私の想像力が足りずに怒られたようだ。
ちょっとショボンとした。5秒ほど。


ニールが数年前に購入した
コンドミニアム(マンション)には
プールやテニスコートがあるそう。
次はそこでテニスをすることになった。
テニスの前後に彼の部屋に立ち寄ることになるが
特に抵抗はなかった。


これまでにもう10時間ほど気楽に話していて
友達のように感じ始めていた。
それに手も繋いでないし
体も1ミリも触れていない。
何しろハイヒールの私が三歩以上遅れて (^_^;)
彼の後ろを歩いていたくらいだ。


彼の部屋であやしい雰囲気になるかも
とは警戒しなかった。
私はお酒を飲まないので
「お酒のせい」であやしくなる心配もない。

変に自信があった。


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります
最後まで読んでくださり、ありがとうございました

にほんブログ村 恋愛ブログへ    

スポンサーリンク

スポンサーリンク

婚活体験談ニール
ふらりふらりと
タイトルとURLをコピーしました