プロフィール

ふらりふらりと漂流中ハルコ


20才の時すんなり彼氏ができ、すんなり婚約。
その日本人彼氏と喧嘩も言い争いもなく
他の男性を恋愛対象として見たこともなく。
彼は一流企業に勤める優秀社員で将来も安定。


結婚は30才までしなくていい
子供は30才過ぎてからがいいと
仕事に遊び、お稽古事に、ヨガクラスにと
忙しくしていたら…


30才で突然の婚約白紙。
青天の霹靂。
奈落の底へ。


夜は眠れず、通勤中、仕事中は涙をこらえ
毎日残業してやっと帰宅しても
両親と同居の為
声を出しては泣けない。
大声出して子供みたいに泣きじゃくりたいのに
泣けないって辛い。


会社を退職し、米国へ留学。
日本出発の日
見送ってくれた父が
最後の瞬間に言った言葉。
「早く帰ってこい」 
無口な父の少し紅潮した顔。
見開いた大きな目。
忘れません。


ごめんね。
こんな情けない娘で。


何も取り柄はないけれど
もうお嫁にだけは行っているハズだった娘が
30代で漂流開始するなんてね。

タイトルとURLをコピーしました