建築士と出会う。ティム・バートンの「コープスブライド」の花婿似

期待する猫
建築士… アーキテクト… いい響き 

二番目に会った人はティム・バートンの
「コープスブライド」の花婿に似ていた。
顔と体型が。
週末午後にカフェで待ち合わせした。


電話で話して、いい人そうなのは分かっていた。
会った時の第一印象は…「線が細い!」
色白の細い顔に尖った顎
タレ気味でガラスのような丸い目。
身長は普通に高く、なで肩で、
首が長く、華奢な骨格。


今時の人で無理やり例えると
フィギュアスケートの羽生結弦選手のような細さ。
まあ羽生選手は細いながらも綺麗な筋肉もあり
存在そのものが芸術品のように美しいけど… ❤️


スポンサーリンク

スポンサーリンク



 

目の前で見るティム君はシャイな感じ。
繊細な声でゆっくり話す。
真面目そうでおっとりしている。


建築士のティム君は、20代はずっと
設計事務所に勤めていたそう。
クライアントを引っ張ってこれそうなのを見極めて
30歳ちょっとの今は独立している。
ビジネスをしているくらいだから
無口という訳でもない。


一時間程カフェで話した。
ちょっと恥ずかしそうに
「また会いたい」と言ってくれた。


一番最初に出会った「トム・クルーズ似」の人との
カフェの時とは違い
今回は私は落ち着いていた。


後日連絡があり
次は食事に行くことになった。


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります
最後まで読んでくださり、ありがとうございました

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ    

スポンサーリンク

スポンサーリンク


婚活体験談ティム
ふらりふらりと
タイトルとURLをコピーしました