建築士のティム君。いい人…でも私の方が太い

おやすみなさい、ティム

建築士のティム君(ティム・バートンの
「コープスブライド」の花婿似)と
今度は夕食に行った。
私の所から徒歩でいける
美味しい中華レストラン。(ビュッフェではないですよ。^-^;)
テーブルにキャンドルが置いてあるような所。
車で10分のところに住んでいる彼が
このレストランを選んで予約してくれた。


建築士の仕事について尋ねたり
私の取っている授業の話をしたり
ロマンティックな会話はない。
それは多分、私が彼にときめいていなかったから。


スポンサーリンク

スポンサーリンク



 

ティム君の髪の毛は一本一本が細い。
柔らかそう。
いずれ禿げるのだろう。


でもそれは大丈夫。そういう男性は大勢いる。
ブルース・ウィリスみたいに
時が来たら剃ればいい。


私は多少ふっくらしている男性や
少々細い男性も大丈夫。
筋トレとかはどっちでもいい。
でもティム君のように骨から細すぎる人には
魅力を感じられないようだ。

「ミーの方が勝ってるわよ!横幅だけはね。」 


私の方が体の幅が広そう。
結婚して子供が欲しいからなのか
頭の良さそうな人、
体つきがしっかりしている人に、より魅かれる。
DNAがそうさせているのだろう。
そうDNAのせい…に違いない。


もしティム君にお姫様抱っこされたら
私はずり落ちてしまいそうだ。
一応中肉中背な私だけど…


特に何も感じないからと
一回お茶しただけで判断するのは
もったいない。
男性側が引き続き誘ってくれるなら
私は二回目も会う。
何かのきっかけで
好きになれるかもだし…


なのに一緒に歩いていると
彼の細い肩に目がいく。
その辺のお店をぶらぶらした後
家まで送って貰った。
玄関のポーチに立った私は
ドアを背にして「おやすみ」を言った。


ちょっと間があった。

家の明かりに照らされて
ティム君の目がキラキラしていた。


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります
最後まで読んでくださり、ありがとうございました

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ    

スポンサーリンク

スポンサーリンク


婚活体験談ティム
ふらりふらりと
タイトルとURLをコピーしました